アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > バイオインフォマティクス勉強会
ニュース | バイオインフォマティクス勉強会
第4回アメリエフオープンセミナー開催のお知らせ

 次世代シーケンサー(NGS)によるシングルセルRNA解析は、これまで得られなかった細胞単位のmRNA発現情報を明らかにすることで、再生医療や免疫、がんなど様々な研究分野で活用範囲が広がっています。昨今では1万細胞以上ものデータが、一度に得られるようになりました。その結果、膨大なデータ処理や統計手法、アルゴリズム開発が日進月歩で発展し、「データ解析が追いつかない」、「新たなソフトが発表され、どれを使ったら良いかわからない」など、研究現場では混乱も見られます。

 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻 メディカル情報データサイエンス分野では、マルチオミックス研究に取り組み、ATAC-seqなどのエピゲノム解析手法、10x Genomics社のChromiumuシステムによるシングルセルRNA解析、オックスフォードナノポア社のシーケンサーによるロングリード解析などを早期に導入し、膨大な研究データを扱っています。

 本セミナーでは、同研究室 特任准教授の鈴木 絢子 先生をお招きし、発生、免疫、がんなどのさまざまな研究分野において広く用いられるようになってきたシングルセルRNA-seqにおける一連の解析について、一般的なプラットフォームや最新の研究動向に触れつつ、特に情報解析部分を中心にご紹介頂きます。また、シングルセル解析技術と同様に、近年、数多くの研究で活用されているナノポアシークエンサーの解析についてもご紹介頂きます。

開催要項

                               
講師東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命専攻
メディカル情報データサイエンス分野 特任准教授 鈴木 絢子 先生
テーマシングルセルRNA-seqの現場:データ取得から情報解析まで
日程2019年2月21日(木)18:00-19:30 開場:17:30
場所港区立 神明いきいきプラザ 集会室 B
JR浜松町駅 北口 徒歩4分、地下鉄大江戸線・浅草線 大門駅 A2出口 徒歩3分
定員50 名
※定員を超えた場合、お申し込みを受け付けられない場合がございます。予めご了承ください。
参加費1,000円
お申し込み方法こちらのフォームよりお申し込みください。
主催株式会社アメリエフ

テキスト代を頂戴しております。プロジェクターで投影しながら進行していきます。
電源やネット環境のご準備はございませので、予めご了承ください。

勉強会の後には情報交換会(実費)を企画しております。情報交換や横のつながりを作る機会として、お楽しみいただければと思います。お時間の許す方は奮ってご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております!