アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > お知らせ
産業技術総合研究所 瀬々潤先生との共同開発ソフトウェアが公開されました
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 瀬々潤先生と弊社で共同開発した、オープンソースソフトウェア「ChIP2LAMP」が公開されました。
「ChIP2LAMP」は、ChIP-seqとRNA-seq結果を統合し、発現変動に有意に関連する転写因子の組合せを見つけるソフトウェアです。

■機能
・ RNA-seqとChIP-seqの結果をLAMP入力ファイルに変換
・ LAMP法で転写開始点周辺の修飾情報と発現量の関連を計算
・ LAMPの出力結果からレポートを作成

詳細については、こちらをご覧ください。

なお、本日より3日間開催される「NGS現場の会 第四回研究会」にて瀬々潤先生によるポスター発表がございます。
[ポスター:P6-41]

また、弊社からも「ChIP2LAMP」を利用した解析のポスター発表をいたします。
[ポスター:P6-12] 演題:RNA-seqとChIP-seqの統合解析

ご不明な点がございましたら、こちらよりお問い合わせください。