アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > お知らせ
VCF統合ソフトウェア QMergeUI「Mac版」販売開始のお知らせ

VCF統合ソフトウェア QMergeUIの「Mac版」を販売開始いたしました。

QMergeUIは、一回の操作で複数のVCFファイルを「統合」し、ご指定いただいた複数データベースからの「アノテーション付与」を実行し、疾患に関連する遺伝子や変異を特定するためのソフトウェアです。 151106

右:統合とグループの設定画面 左:結果のエクセルシート (イメージ)

ケース/コントロールの複数サンプルをお持ちで、「特徴の異なるグループ(集団)に分類し、グループ同士を比較したい方」や、「インハウスデータや注目している遺伝子などを用いた、変異の集計を行いたい方」におすすめのソフトウェアです。

開発の背景

疾患に関連する遺伝子や変異を特定するためには、複数サンプルの変異情報を取り扱い、また、Web上で公開されているいくつものデータベースをアノテーションする必要があり、「比較するまでの前準備」に膨大な時間と手間がかかります。

そのような煩雑さを軽減し、1つのソフトウェアで、短時間(最短30分)で結果を出すことができるソフトウェアを、受託解析サービスで様々な解析の経験を積んだスタッフの手で開発いたしました。 Mac版につきましては、複数のお客様からのご要望がありましたので開発する運びとなりました。

●詳細はこちらのページをご覧ください。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。