アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > ニュースリリース
ニュース | ニュースリリース
CUT&RUN-seqデータ解析のトレーニングサービスを開始しました

アメリエフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山口昌雄、以下 アメリエフ)は、CUT&RUN-seqデータ解析のトレーニングサービスを開始いたします。

【背景】
 CUT&RUN (Cleavage Under Target & Release Using Nuclease) は、DNAとタンパク質の相互作用を解析する技術です。2021年1月に、セルシグナリングテクノロジージャパン株式会社、タカラバイオ株式会社 、アメリエフ株式会社による合同オンラインセミナー「CUT&RUNによるタンパク質-DNA相互作用マッピング(サンプル調製からシーケンシング、データ解析まで)」を開催し、非常に多くの反響をいただきました。
このたび、バイオインフォマティクス・オンライントレーニングの新科目「CUT&RUN-seq解析」の提供を開始する運びとなりました​ので、お知らせいたします。

【サービス名】
バイオインフォマティクス・オンライントレーニング 応用科目
「CUT&RUN-seq解析」
https://amelieff.jp/training/

【サービスの特徴】
 従来のChIP-seqと比べ少ない細胞数から解析できることから、これまで使用できなかった抗体での解析が可能になります。細胞数や抗体の問題でChIP-seq を見合わせていたお客様、CUT&RUN-seqのデータ解析を学びたいお客様に、おすすめのサービスです。アメリエフのバイオインフォマティクス・トレーニングサービスは、これまで1000名を超える研究者のみなさまにご受講いただいています。本年度は、「厚生労働省 令和3年度がんの全ゲノム解析に関する人材育成推進事業」に採択されるなど、バイオインフォマティクスの人材育成において高い評価をいただいております。

【メリット】
・オンラインデータ解析サーバにログインし、実際にコマンドを打ちながら、実践環境で学習します
・ビデオ会議システムを使ったオンライン形式で場所を問わず受講できます
・操作の練習をしながら分からない点を聞いて、すぐに不明点が解決するので、学び残しがありません
また、Linux操作に不慣れなお客様のため基礎科目「Linux 入門」をご用意しておりますので、この機会に是非ご検討ください。

CUT&RUN-seqのデータ解析は、受託解析サービスでもご利用いただけます。
アメリエフは、今後も生命科学及び医療研究の発展に貢献するべく努めて参ります。