アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > ニュースリリース
ニュース | ニュースリリース
微生物・感染症研究向け解析システム開発サービスの提供開始
基礎研究からビジネスまで「データ解析×システム開発の複合的課題」を解決
アメリエフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山口昌雄、以下 アメリエフ)は、これまで先進的なバイオインフォマティクスを活用するためのシステム開発を通して、大学や研究機関、企業の研究開発を支援してきました。このたび、システム開発事業を強化・拡大し、微生物・感染症研究向け解析システム開発の提供を開始したことをお知らせします。

【背景】
 インターネット技術、リアルタイムに生体情報を取得するセンシング技術、ゲノムやオミクスデータの測定技術が発展したことで、人の体内環境や外部環境のあらゆるデータを収集できるようになりました。この流れの中で、デジタルインフラを迅速かつ計画的に整備していくことの重要性が高まっています。
 アメリエフは、データ解析とシステム開発の専門家による解析に特化したシステムの設計から、研究開発における新技術導入の検証フェーズ、システム化と運用まで、サポートします。さらに、研究開発成果をもとに次の発展的研究へすすめるパートナーとして、長期に渡って支援することが可能な、トータルソリューションとしてのシステム開発サービスをご提供します。

【サービス名】
微生物・感染症研究向け解析システム開発サービス
https://amelieff.jp/system_development/

【特徴】
・データ解析と情報共有のトータルソリューション
・ビジネス活用までのトータルサポート
・250件以上の豊富な開発実績

【メリット】
  • 解析手法の立案からパイプライン開発、データベース、可視化環境の構築、運用まで、データ解析とシステム開発の専門家がトータルサポート
  • 多様な運用環境(クラウド、オンプレミス)での、あらゆる生体情報(オミクスデータからメタデータまで)の解析に対応
  • 解析処理の高速化、解析環境・ツールの共通化、解析結果のビジュアライズなど、ビジネス上の課題に寄り添った開発が可能
  • スケールアップや解析の有効性検証など段階に応じて、解析とシステムの両面から専門的助言を行うことでビジネス上の課題解決に貢献
  • アカデミアの先端的な研究に対しすばやくキャッチアップ・実装が可能

【微生物・感染症研究向け解析システム開発サービスの事例】
ビジュアライズ
NexStrainによるビジュアライズ

【サービス内容】
システム開発の特徴 システム開発の特徴

ご興味のある方は、こちらよりお気軽にご連絡ください。

<お問い合わせ先>
アメリエフ株式会社
コーポレート部門 広報担当
E-mail:pr@amelieff.jp

参照:Nextstrain(https://nextstrain.org/)は、CC-BY-4.0の下でライセンスされています。