アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > バイオインフォマティクス勉強会
ニュース | バイオインフォマティクス勉強会
【開催後記】ライフサイエンス×IT勉強会を開催いたしました

9月26日(土)のライフサイエンス×IT勉強会第2弾@神田を開催いたしました。簡単に勉強会の様子をご報告いたします。

第一部では、シーケンサ(DNAの塩基配列を読み取る装置)の精度の向上に伴い、ここ20年間のうちに「早く」「安く」DNAデータの作成が可能になった反面、解析を担当するバイオインフォマティシャンの人材が不足している現状や、米国や日本でも予算を確保しライフサイエンスに重点的に取り組む方針であるなど、業界の動きと今後の展望について、代表取締役社長 山口よりお話させていただきました。

第二部では、細胞や遺伝子についての基本的な解説から遺伝子配列を使った解析をご体験いただきました。

incu・be

参加された皆様

今回は、学生から社会人、趣味でプログラミングをされている方、起業のご経験がある方など、様々な背景を持った方にご参加いただきました。 ご自身の興味や研究、仕事などの観点から、たくさんの質問をいただきました。また、自己紹介や名刺交換、懇親会で、参加者同士でもお話されて、異業種の方との横のつながりを作る機会にもなったのではないかと思います。
一方で、ライフサイエンスにおいてITエンジニアがどのように貢献できるのか、伝えきなかったという反省もありますので、次回以降、ITエンジニアが具体的にどのように活躍できるのかをお伝えできるよう工夫したいと考えております。

お忙しい中、ご参加いただきました皆様に御礼申し上げます。
次回の開催も予定しておりますので、決まり次第改めてお知らせいたします。

筆者:山本