アメリエフ株式会社

amelieff home > 研修概要|臨床におけるがんのゲノム解析研修会特設サイト

このたび、厚生労働省委託事業「がんの全ゲノム解析に関する人材育成推進事業」の取り組みとして、『臨床におけるがんのゲノム解析研修会~がんゲノム医療の基礎と実践的バイオインフォマティクス~』をWeb形式にて開催する運びとなりました。ご多用のこととは存じますが、是非ご参加賜りたくご案内を申し上げます。

趣旨/本事業の目的

2019年6月にがん遺伝子パネル検査が保険適用され、がんゲノム医療が実装されているなか、「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太方針2021)においても、全ゲノム解析等実行計画に係る全ゲノム解析等のさらなる推進が求められています。
その中でも、バイオインフォマティックスに係る人材育成は重要な課題の一つです。
医療現場に携わる方々を対象にバイオインフォマティクスに関する基礎的な知識(入門編)および、それをもとにした発展的な知識(応用編)を習得できるように、バイオインフォマティックスに係る日本トップレベルの有識者の監修のもとで作成したテキストの解説・質疑応答を実施するWeb研修会を開催予定です。
がんゲノム医療中核拠点病院および拠点病院をはじめとする医療機関に勤務されている医療従事者を主な対象としています。

検討委員の紹介(五十音順)

役職 氏名 所属
座長 井元清哉 東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター健康医療インテリジェンス分野教授
尾崎遼 筑波大学医学医療系生命医科学域バイオインフォマティクス分野准教授
加藤護 国立がん研究センター研究所生物情報学分野分野長
鈴木健介 イルミナ株式会社
南谷泰仁 東京大学医科学研究所附属病院血液腫瘍内科教授
松田浩一 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻クリニカルシークエンス分野教授
山口類 愛知県がんセンターシステム解析学分野分野長

厚生労働省 令和3年度がんの全ゲノム解析に関する人材育成推進事業 要綱

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000204873_00003.html