アメリエフ株式会社

amelieff home > ニュース > ニュースリリース
ニュース | ニュースリリース
臨床・創薬研究の「大規模データ研究支援」サービス提供開始
アメリエフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山口昌雄、以下 アメリエフ) は、最先端のバイオインフォマティクス技術を活用した、データ解析システムの開発・提供、データ解析受託およびコンサルティング事業を展開しています。
 このたび、大規模な研究に特化することで、研究プロセスを効率化し、次の打ち手の迅速な検討を可能にする「大規模データ研究支援」サービスの提供を開始したことをお知らせいたします。

【背景】
多くの疾患の発症・重症化、副作用発現には、ゲノム変異が関与します。 近年、大規模なヒトゲノム研究が世界的に進んでおり、新たな病態解明や、疾患ゲノム研究の成果を創薬に活用するゲノム創薬で、多くの研究成果が得られています。これらの研究におけるデータ量の増加に伴い、最適な解析手法をいかに確立し、データ解析にかかる時間やリソースをどのようにマネジメントするかの重要性がますます高まっています。
 アメリエフの大規模データ研究支援は、臨床研究や創薬研究における分析結果を高品質に提供するだけでなく、分析結果に基づく示唆も示すことで、次の打ち手の根拠を示します。また、疾患に対する診断法・治療法についての科学的知見の収集や、最新データに基づくゲノムやオミクス情報の分析・解釈により、候補遺伝子の同定に貢献し、有効な医薬品の適用や創出を支援します。

【サービス名】
大規模データ研究支援


【各サービスの特徴】
AmeliCure難病遺伝子変異レポート
全ゲノム/全エクソーム解析による疾患原因候補となる変異情報を網羅的にレポートし、最新データを用いた定期再解析により臨床研究を支援
がん遺伝子変異マーカー探索レポート
臨床情報とがん遺伝子変異情報を用いた悪性化および薬剤応答マーカーの探索により臨床研究・創薬研究を支援
PDX向け発現解析レポート
がん細胞の群間比較による発現変動解析から薬剤の生物学的な機能の推定により創薬研究を支援

【アメリエフの特徴】
・最新技術を活用した多数のコンサル実績に基づく最適な解析の実施
・複数のオミクスデータを組み合わせ、仮説立案や補強、統合解析を実施
・実験・データ解析環境・システム運用提案・人材育成まで含めたトータル支援
・お客様の課題や目的を丁寧に把握した上での最適なソリューション提案

ご興味のある方は、こちらよりお気軽にご連絡ください。

<お問い合わせ先>
アメリエフ株式会社
コーポレート部門 広報担当
E-mail:pr@amelieff.jp